夏木マリ朝ドラで横笛を能舞台上で演奏!(おかえりモネ)8年かかる修行を○か月で!

おかえりモネ

2021年5月スタートの朝ドラ「おかえりモネ」で

ひときわかっこよさが目立ってみんなの注目を集めているのが、

夏木マリさん演じるサヤカさん。

伊達政宗の末裔という設定で、とても素敵な生き方や暮らしをしていらっしゃいます。

サヤカさんの名言集を集めてみました

 

そんなサヤカさんが第5話で披露した登米能での横笛。とても美しくて驚きました。

その時のエピソードや世間の反応をまとめてみました。

 

夏木マリ朝ドラで横笛を能舞台上で演奏!

 

夏木マリさんのインタビュー記事より

 

いやー。この冬、能管(能の演奏で用いられる横笛)のレッスンを受けていたんですけど、先生には「絶望的」と言われていました(笑)。ちゃんとした音が出るようになるまで通常8年かかるところを1か月でなんとかしなくちゃいけなかったので、死にそうでしたよ!

いくつになっても試練はあるんだなと思いました(笑)。そして、一難去ってまた一難。今は、仕舞(能の一部を面や装束をつけずに舞うこと)をするシーンに向けて特訓しています。

 

なんと、8年かかるところを1か月で!!すごすぎますね。

視聴者の反応もとてもよいようです!

 

 

夏木マリさん演じるサヤカさんが金髪から黒髪に変身していることも話題に!

 

 

 

 

そして、朝ドラ終わりの「あさイチ」という番組のいわゆる「朝ドラ受け」で

博多華丸大吉さんの問いに対して、ご本人から連絡が入ったというのもニュースに

なりました。

本当にお洒落でかっこいい夏木マリさんですね。

 

朝ドラ通算104作目。清原とタッグを組んだNHK「透明なゆりかご」などやテレビ東京「きのう何食べた?」などで知られる安達奈緒子氏氏が手掛けるオリジナル作品。朝ドラ脚本初挑戦となった。タイトルにある「モネ」は主人公・永浦百音(ももね)の愛称。1995年に宮城県気仙沼市に生まれ、森の町・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・百音が気象予報士の資格を取得し、上京。積み重ねた経験や身につけた技術を生かし、故郷の役に立ちたいと奮闘する姿を描く。

第5話は、雨も上がり「登米能」の定例会が無事に開催され、百音(清原)はサヤカ(夏木)の奏でる笛の音や普段と全く違う雰囲気で能舞台に立つ翔洋(浜野謙太)の姿に感動し、圧倒される。定例会後、サヤカが百音の祖父・龍己(藤竜也)に電話で百音の様子を伝えていると、龍己は電話越しの百音の楽しそうな声に驚く。翌日、気象キャスター・朝岡(西島)が希望し、百音たちは北上川に“ある光景”を見に行く…という展開。

朝ドラ受けで鈴木奈穂子アナウンサー(39)が「夏木さんの髪の色が(能舞台の時の黒髪から金髪に)戻っていましたね」と語ると、博多大吉(50)「実は『あさイチ』の方に夏木さんから連絡がありまして。昨日(20日)朝ドラ受けを見ていたそうで『天気が晴れると分かって急いで染めたのかな』とか『すぐ落とすスプレータイプかな』とか(朝ドラ受けでツッコミを入れたが)『その通りだ』と連絡があったそうです。すみませんでした」、博多華丸(51)は「(キャストと)意思疎通していくんですか?」。大吉は「言葉を選びますね」、華丸は「ホントですよ。毎回毎回」と続け、笑いを誘った。

前日20日に放送された第4話。能舞台に上がり、笛を奏でたサヤカは金髪から黒髪に。朝ドラ受けで華丸が「スプレータイプのヤツかな?シャンプーで落ちるタイプ?」などとツッコミを入れていた。

朝ドラ受けをめぐっては、18日に大吉が「西島さんが気象予報士というのは、まだ受け止められていません。映るたびに『ウソだ』と。『潜入捜査中かしら?』と。徐々に慣れていきたいと思います」と“潜入捜査官説”を唱えると、翌19日の番組内で、西島が共通の知人を介して華丸に「僕は潜入捜査官じゃないよ」と連絡があったことが明かされ、話題を呼んだ。

スポニチアネックスより引用

 

夏木マリさんの生活スタイルがかっこいい!

 

生活スタイルも、食も、ファッションも全部全部かっこいい

年の重ね方です。目指したいーーー

 

 

夏木マリさんの横笛を見逃した方は、こちらから見られますよ。

NHKオンデマンドも見られるのでおすすめです!

無料トライアル実施中!
<U-NEXT>

 

U-NEXTでNHKオンデマンド視聴方法やメリットデメリット、料金などについて知りたい方はこちらです。

U-NEXTでNHKオンデマンド見放題の登録方法・料金や検討ポイント徹底解説!!
最近VODサービスが一般化してきています。 でも、まだまだ敷居が高いと思っている人は多く、その便利さに気づいていない人も多いですよね。 自分で見たい番組を見たい時間に選べるのは本当に満足度が高いものです。 でも一方で、「H...

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました