松田元太くんの尊敬する先輩・憧れの先輩は誰?プロフィールも調べてみた!

エンタメ

Travisjapan〜全国ツアーしちゃってもいいですかっ!?〜でツアー真っただ中の

Travisjapan。メンバーの松田元太くんは、最年少ながら、SEXY担当!!

かわいいのにかっこいい、そんなげんげんこと松田元太くんについて調べてみました。

 

松田元太くん(トラジャ/Travisjapan)が憧れている先輩は山田涼介くん(Hey! Say! JUMP)

憧れている先輩は山田涼介くん(Hey! Say! JUMP)

2011年2月10日に11歳でジャニーズ事務所へ入所した松田元太くん。

Hey! Say! JUMP山田涼介くんに憧れたことがきっかけだそうですよ。

SMAP好きのお母さんに影響され、“メンバー振り”をマスターするほど音楽番組をよく見ていたというげんげん。小学4年生の頃に参戦した「Hey! Say! JUMP TENGOKU DOME 何が起こるかわからない!? 東京ドーム」で、山田くんと出会い、「ジャニーズ事務所に入りたい!」という気持ちが強くなっていったそうです。

 

その後の言葉でも、山田君へのあこがれはどんどん増しているのが分かりますよね。

 

尊敬する先輩 岡田准一さん

高一の頃「蜩ノ記」を見て侍姿に一目ぼれ
殺陣や演技への興味のきっかけとなった人
演技の面で尊敬しているようです

 

尊敬する先輩 北山宏光さん

ツアーバックに付いてみて
北山くんのダンスや歌声に惚れた
思い切って
「どーしたら北山くんみたいにかっこよく踊れますか?」
と聞いてみたら、とてもやさしく教えてくれたみたいです。

尊敬する先輩 滝沢秀明さん

すべての面において人として尊敬しているって。

 

尊敬する先輩 堂本光一さん

SHOCKでお世話になり、演技やダンス、
いろいろなものをゲットさせて頂いた。
芝居について助言をしてもらい、意識が変わった。
地方公演ですっかり打ち解けた模様です。

 

松田元太くん(トラジャ/Travisjapan)のプロフィール

 

トラジャのSEXY担当・関西ウォーカーの表紙を飾る!

 

2021年4月発売の関西ウォーカーの表紙を飾っているのが松田元太くん。

爽やかすぎますね。

 

 

 

松田元太くんのプロフィール

 

Travis Japan(トラジャ)松田元太くんのプロフィール、入所理由などを見ていきましょう!

 

名前 松田 元太(まつだ げんた)
生年月日(誕生日) 1999年4月19日

 

出身地 埼玉県
血液型 O型
身長 171cm(168cmという噂も、、、)
兄弟 妹(8歳下)
趣味 映画、ファッションを考える(コーディネート)
特技 サッカー、時代殺陣、乗馬
入所日/入所時の年齢 2011年2月10日/11歳
メンバーカラー
あだな・ニックネーム げんげん、げんた など
 大河ドラマに出ておじいちゃんおばあちゃんを喜ばせたい

 

松田元太くんはサッカー少年だった!

 

高校でサッカー部だったお父さんと、その部のマネージャーだったお母さんが恋に落ち、結婚してげんげんは生まれました。だから自分は「サッカーをやる運命だった」と語っていたこともありましたね。

父親がサッカー好きということもあって4歳の頃からサッカーを始めたそうです。その後は地元のサッカークラブに所属し、県ベスト8の実力があるチームで、小学4年生の頃にはなんとチームのキャプテンを務めていたのだとか。

さらに彼は地元埼玉のU-12選抜にも選ばれていたようで、当時はかなりサッカーが上手かったそうです。

<出典:https://pbs.twimg.com>

 

オーディションでのエピソード

 

オーディションでの元太くんは「黒髪」「センター分け」「サラサラヘアー」の童顔少年で、オレンジのサッカーユニフォームを着用して臨んだそうです。なぜなら、その後、そのままサッカーの試合にでたから、、、(笑)

 

そんなユニフォーム姿の元太くんを見て、ジャニーさんが

「You、ゲンタって言うの?」
「何で(ゲンタって)分かったんれすか?」
「バカだね~、後ろに書いてあるよ」

ほほえましいエピソードですね。

実は、サッカーのユニフォームには自分の名前が入っていたそうで、それを見てジャニーさんは「ゲンタ」という名前を把握したんですよね。

ところが、元太くんは名前が入ったユニフォームを着ていたことを忘れ、素直にびっくりしたような反応をしてしまったようです。

ジャニーさんに「バカだね~」と言われたことを、当時は「怒られた」と思ってしまったという元太くん。「あぁ終わった…」と思ったなんて当時を振り返っていましたが、こうした出来事がオーディション合格の理由かもしれないですよね!?

 

元太くんのオーディション曲は、後にSexy Zoneの楽曲となる『スキすぎて』の原曲。当時は、「風を集めて舞い上がろう~♪」という歌詞のダンスナンバーだったそうで、数か月前に入所していた佐藤勝利くんが、元太くんを含めたオーディション組にダンスを教えていたというエピソードもあります。

 

松田元太くんと松倉海斗くんは最強コンビ!

尊敬する憧れの先輩は、山田涼介くんだったけれど、

最強コンビといえば、、、松倉海斗君は外せないですよね。

 

ジャニーズ入所からのあゆみ

 

セクバ(Sexy Zoneのバックで踊るJr.)としての歩み

オーディションを経て、念願のジャニーズ入所を果たした元太くん。

入所後初めて出演したステージは、何とHey! Say! JUMPのコンサートだったのだそう!運命!

本番前にJUMPメンバーとハイタッチするチャンスがあったそうですが、他のJr.たちがグイグイと行くなかで前に出ることができず、そのまま本番が始まってしまったというエピソードがあります。

同期である聡くんがSexy Zoneとしてデビューしてからは、彼らのバックで踊るJr.(=セクバ)としての活動が多くなっていきます。

げんげんは、デビューシングル『Sexy Zone』のMVや、セクゾが地上波初登場を果たした「ミュージックステーション」など、最初からバックについていました。

しかし、セクバの主要メンバーとして認識されたのは、松松がシンメとなった2012年の夏以降というイメージが強いかもしれません。

 

 

運命のパートナー・松倉海斗くんとの出逢い

 

げんげんを語る上では、やはり、相方である“まつく(松倉海斗くん)”の存在を欠かすことができませんよね。

2人が入所した時期は3か月半ほど異なっていました。でも、いつしか互いを引き付け合うようにシンメとなったんですよね。

これだけでも“運命的”です。シンメを結成してからは、“しゃかりきダンス”を持ち味としてきた2人。一度見たら絶対に忘れることのない気持ちよさや爽快感に溢れるダンスは、端で踊っていても、すぐに「松松だ!」と分かるくらい、いつでもどこでも全力な姿がありました。

 

松松史上最大のケンカ事件

 

思えば、2か月間にわたり口を聞かなかった「松松史上最大のケンカ事件」もありました。

史上最大のケンカ中に魅せた『スワンソング』、そこから4年の月日を経ての『スワンソング』もまたアツいんですよね。スワンソングは、松松のテーマソングとも言える大切な楽曲の一つです。

このケンカしていた時期について、コロナ禍の生活様式と重ね合わせていた元太くん。当時の2人の間には目に見えないアクリル板があったこと、ディスタンスをとっていたこと…その上で、今の松松であればそうならないという自信を口にしていました。

史上最大のケンカ事件の時は、元太くんが中2、松倉くんが高1。

気づけば2人とも20代になりました。色んな経験・想い・景色を共有し、松松の絆はより深いものに、揺るぎないものになっていったんですよね。

 

Travis Japan(トラジャ)として

 

トラジャ加入についての話が2人に持ちかけられる前日、

松松はたまたま「グループに入りたいね」なんて話をしていたというエピソードがあります。

それが現実になるかもしれない展開になって、2人も驚いたと振り返っていたことがありました。

 

七五三掛龍也くんは、ムードメーカーの松松が加入したことによって、グループに光が入ってきたと話していたことがありました。

「Travis Japan」に加入したのも最後で、松倉海斗とともに「2017年11月19日」に加入しました。そして、今の人気につながるわけですね。

 

 

松田元太くん ViVi国宝級イケメンアンケートNeXT!!でぜひ投票お願いします!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました