晴明神社京都で子どもの名づけもしてもらえて満足!羽生結弦選手の絵馬もあるよ!

寺社仏閣巡り

名前は、子どもが生まれて最初にする大切なプレゼントの1つですよね。

うちも3人の子どもがいますがそれぞれの方法で一生懸命選んでプレゼントしましたよ。命名するときは、祖父母や両親が考えるという他に、命名辞典(本)や、ネットで画数から姓名判断も簡単に出来るようになりましたね。

大切な名前のプレゼント。

考えるうちの1つとして、「神社」にて命名してもらうという方法はいかがでしょうか。

 

京都では日本一有名な陰陽師安倍晴明ゆかりの神社「晴明神社」で依頼することが可能ですよ。

その方法について3分で理解できるよう大事なところを簡潔に解説します。

そして、「SEIMEI」で金メダルを取った羽生結弦選手の絵馬も見つけることが出来ます!私は金メダルを獲られた直後に参拝しました!!

名づけ依頼をした後は、結果をいただける2時間後まで、神社内を楽しんでくださいね。

 

 

 

 



 

 

晴明神社京都で名づけ依頼をした後は羽生結弦選手の絵馬を見つけてみよう

晴明神社で羽生結弦選手の絵馬を見つけてみよう

 

羽生結弦選手や椎名桔平さんのサインも飾ってあり、そういう見どころも満載です。

まずは、羽生選手の絵馬を見つけてみましょう!!金メダルのご利益いただけるかも!?

 

 

 



 

 

世界フィギュアスケート選手権2021​男子フリースケーティングノーカット配信

 

 

<男子フリー・羽生結弦>ノーカット配信、世界フィギュアスケート選手権2021

 

 

 



 

 

晴明神社京都での名づけ依頼に必要なものチェック!

 

ママは入院中で行けないので、旦那様かお母さまが行かれることが多いので

是非名づけを考えている方は、事前に必要なものをチェックしてみてくださいね。

 

晴明神社京都には早めに名づけ依頼に行こう!出生届は14日以内!

 

子どもが生まれて14日以内に出さないといけない出生届。

清明神社にお願いする場合は、お母さんは入院中でなかなか参拝には行けません。したがって、お父さんかおじいちゃん、おばあちゃんが行くことが多いと聞きます。

書類に不備があると名づけしてもらえません。

きちんと準備して神社に行ってくださいね。

 

 



 

 

清明神社京都の名づけ依頼で必須な準備はコレだ!

 

  • 両親の名前
  • 生まれた子の性別・誕生時間(←忘れずに)
  • 生まれた子の兄弟(兄、姉)の名前
  • 希望があれば、名前に入れる漢字や読み

 

特に、出生時間は正確に覚えていっていないことが多いそうですよ。

そして、この生まれた時間こそが重要で、これが、子どもも生まれる前に事前に名づけしてもらえない理由だそうです。

忘れずに携帯等に記録してから清明神社に伺うようにしましょう。

 

清明神社京都の名づけをお願いするには命名申込書記入から

 

神社についたら、社務所で「命名申込書」に上記事項を記入します。

命名申込書を提出してから2時間後に結果がでます。

5候補くらいを考えていただけます。

宮司さんは、候補から名前をつける・つけないは自由だと言われていました。

是非、大切なファーストプレゼントは京都の清明神社に依頼してはいかがでしょうか?

 

 

 



 

 

晴明神社京都で名づけ・羽生選手絵馬以外で見ておきたいもの4選!

 

一条戻橋

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

みき(@peterpan.320.tink)がシェアした投稿

晴明井

 

この投稿をInstagramで見る

 

miyoko 碧-ao-(@miyoko.ao)がシェアした投稿

 

井戸の横には北斗七星が描かれています。

この晴明井の水は飲むことも可能。もちろん羽生選手も晴明井の水を手ですくって、

口にふくまれていましたよ。

 

厄除けの桃

ご本殿の脇にあるのがこちらの厄除け桃。中国では昔から桃は魔除け・厄除けの果物とされていました。この桃はお参りに来られた方々が撫でます。羽生選手もこの桃を撫でて怪我のないようにお願いしていました。

ちなみに、厄除けの桃をあしらった、水晶ブレスレットの販売もありましたよ。

(3500円 郵送は4000円)

 

この投稿をInstagramで見る

 

晴明神社(@seimeijinja)がシェアした投稿

 

 



 

 

ご神木

 

この投稿をInstagramで見る

 

晴明神社(@seimeijinja)がシェアした投稿

また、厄除桃の近くには樹齢推定300年の楠の御神木があり、羽生選手も触れて気を感じ取っていました。こちらの御神木にもそっと触れてみましょう。

 

 

 

京都のパワースポットに名づけをお願いしてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました