カムカムエヴリバディ大阪編ロケ地大阪の街並みはここ!ついに判明!

エンタメ

2021年11月1日から始まったカムカムエヴリバディ。

12月中旬よりヒロインが安子ちゃんからるいちゃんに変わりました。

るいちゃんは、渡米した安子ちゃんへの思いに蓋をして、雉真家で育ちました。

そして、卒業と同時に大阪へ引っ越します。

そこから大阪編が始まるのですが、象徴的によく登場する大阪の街並みのロケ地について調べてみました!

 



カムカムエヴリバディ大阪編ロケ地大阪の街並みはどこ?

カムカムエヴリバディ大阪編の街並みロケ地は、和歌山県のポルトヨーロッパでした。

大阪の街並みはポルトヨーロッパで撮影されていた

大阪の街並みはドラマの中でもとても象徴的な場所ですよね。

朝だったり、夜だったり、よく登場する風景です。

 

深津絵里さん素敵すぎました。

軽やかででも少し寂しげで。フランス映画の雰囲気もあったりで。

色使いも明るく優しくて。

ポルトヨーロッパ
和歌山県和歌山市毛見1527番地

 

 

 



ブティックもドラマで2回登場

ブティックは、大阪に出て来た時と、デートにいくお洋服を買いに行く時の2回登場します。

おしゃれな雰囲気で、岡山にいた時とは全く違う世界ですよね。

「君の名は。」で三葉ちゃんが東京に出てきた時の風景を思い出しました。

都会にあるもの全部がキラキラ見える雰囲気です。もちろん、このドラマの方がレトロですが。



他の朝ドラでも撮影地として使われている?

まんぷくや朝がきたでも撮影に使われれていたようですね。

まんぷく

朝ドラでは、昭和の大阪=ポルトヨーロッパなのですね。

朝がきた

五代さんとの出会いのシーンは印象的ですね。



カムカムエヴリバディ大阪編街並みのロケ地まとめ

カムカムエヴリバディ大阪編でるいがはじめて岡山から出てきてお洋服を購入する場所のロケ地は和歌山県にあるポルトヨーロッパでした!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました