古沢良太は天才!おすすめ作品ランキングはこれだ!

エンタメ

古沢良太さんは、オリジナル脚本の作品も好評で、その新作映画も公開されていますが、ここにたどり着くまでに様々な苦難の日々があったおかげで人気脚本家として注目を浴びています。

今回は、天才と言われている古沢良太さんは何者で、おすすめの作品や2023年大河ドラマで演じる松本潤さんについて紹介しますね。



古沢良太は天才?一体何者?

古沢良太さんは脚本家として活躍されていますが…本当は小さい頃の夢でもある漫画家になりたかったそうですよ。

脚本家の仕事に就いていなければ、漫画家になっていたようです。

古沢良太は人気脚本家

吉沢良太さんは、三谷幸喜さんや宮藤官九郎さんと並ぶ注目されている脚本家さんです。

古沢良太さんは、有名な脚本家さんより優れているため、天才!と言われるようになったようです。

彼は想像力が豊かでs、脚本を書くときは、映像イメージをスケッチブックに描いて構成していくようです。

古沢良太はイケメン

脚本家として注目されている彼ですが、実は顔がイケメンで、俳優として活躍しているようなイメージを漂わせていますね。



古沢良太の天才っぷりがあらわれている私のおすすめ作品ランキング

古沢良太さんは脚本家として天才過ぎるドラマが話題となっていますが、ぜひ!おすすめしたい作品について紹介します。

第1位 リーガルハイシリーズ 主演:堺雅人

あらすじ
古沢良太の脚本によるテレビドラマで、裁判で無敗の最強弁護士・古美門研介と正義感が強い新米弁護士・黛真知子が繰り広げるコメディータッチの弁護士ドラマ。

裁判に勝つためなら何でもする古美門と依頼者の気持ちに寄り添う黛との噛み合わないやり取りは見もので、登場人物のキャラが濃く仕上がっていて見所満載!



第2位 探偵はバーにいるシリーズ 主演:大泉洋

あらすじ
ススキノの行きつけのバー「ケラーオオハタ」で飲んでいたところバーの黒電話にコンドウキョウコと名乗る謎の女から電話がかかってくる。

依頼を受けた主人公は捜査を開始したところ、その道のやつらに誘拐されてしまい生き埋めにされ、これ以上はこの事件に関わるなと告げられる。

生き埋めから逃れることができた主人公はこれ以上は関わらない方がいいと思うが、ひどい目に遭ったことに対して強い怒りを感じて相手に報復することを誓う。

主人公は相棒の高田の協力を得て独自調査をすることに。

操作を進めていく過程で沙織という女性に知り合うが、彼女の夫は霧島グループの社長でとある事件で亡くなっていた。

その後主人公はコンドウキョウコという女性がなくなっている人物だと知る。

亡くなっているはずのコンドウキョウコと名乗る女性からの捜査依頼、沙織という夫が亡くなっている女性の話からとある事件が見えてくる。



第3位 コンフィデンスマンシリーズ 主演:長澤まさみ

あらすじ
様々な手口を使い、悪徳な方法で大金を稼ぐ者から巨額のカネを騙し取る詐欺師達。

決してただの悪党や犯罪者ではなく、「オサカナ」は弱者に不利益をもたらす悪徳商法の他、反社会的組織の人間と結託した違法行為等で巨額の富を築いたトップがほとんどであり、基本的に一般人には手を出さない。

騙したターゲットに潰された店等に手に入れたお金を寄付する等、義賊的な一面も持つ。

3人の中の掟として、「万が一、命の危機に陥る事態が起こっても助け合わない」というものがあるが、結局は事前に仕掛けていたトリックなどで助け合っている



第4位 相棒シリーズ  主演:水谷豊

あらすじ
警察庁長官官房室長『小野田公顕』が外務省高官の北条邸人質篭城事件を解決するために作られた、チーム「緊急対策特命係」このチームの作戦参謀を右京がしていたが、小野田の解決を急いだ判断により犯人人質両方に犠牲者が出た。

その責任を右京が被る事になり、小野田が右京を配属させるために「特命係」を作った。



第5位 デート 恋とはどんなものかしら~  主演:杏

あらすじ
内閣府の研究所で働く藪下依子は、父親から見合いを勧められるが、恋愛経験が無く、結婚は相手との「契約」と捉える依子は、ことごとく見合いに失敗し、結婚相談所に登録。

自身を高等遊民と称する谷口巧は、女性と新しく出会うことで働く意欲を持って欲しいと願う幼馴染の島田宗太郎によって、勝手に結婚相談所に登録します。

依子は巧のプロフィールに記載してある身長や生年月日などの数字が全て素数で構成されていることに興味を持ち、デートをすることになる。

恋愛感情の無い理念だけの交際と割り切り、さらに依子に想いを寄せる鷲尾豊、宗太郎の妹・島田佳織が割り込み四角関係となるが、二人は不器用ながら互いに気になる間柄となっていく面白いドラマです。



 

第6位 ALWAYS 三丁目の夕日シリーズ  主演:吉岡秀隆

あらすじ
昭和33年春、東京の下町、夕日町三丁目にある鈴木オート。

集団就職列車に乗って青森から六子(むつこ)がやってくる。

社長の小学生の息子からは「六(ろく)ちゃん」と呼ばれ親しまれるが、大手の自動車会社に就職できるかと期待していた六子は、小さくて古臭い自動車修理工場の鈴木オートに内心がっかりしていた。

その向かいにある駄菓子屋「茶川商店」の主人・茶川竜之介は小説家。

茶川は居酒屋「やまふじ」の美人店主・石崎ヒロミから見ず知らずの子供・古行淳之介を酔った勢いで預かってしまう。淳之介を帰すに帰せず、二人の共同生活が始まる。

 



古沢良太の最新作はなんと2023年大河ドラマ「どうする家康」

古沢良太さんの最新作は、なんと2023年の大河ドラマです!!

主演

松本潤さんです。
嵐としての活動を休止されて、なんと!大河ドラマの主人公に選ばれたのは運命ですね!




本人コメントより

初めてオファーの話を聞いたときはビックリしたようです。
自分に大河のオファーがきただけでも驚いたのに、演じるのはあの家康!

脚本も大好きな古沢良太さんということで、うれしい気持ちと同時に大きな不安も感じたと言っていました。

すぐには返事が出来ず、返事を待ってもらったようです。

嵐の活動を休止している中で、新たな冒険の先を見つけようとしている松本くん。そんな中での大河ドラマへの出演で自分の可能性を広げようと決心されているようですね。

 

 

天才古沢良太✖️俳優松本潤のタッグ、どんなドラマになるでしょうか?

今から楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました